五感で楽しむ

技術革新が進む

今の映画館では最新の映像配信を見ることが出来るようになります。もはや3Dではなくなっているのをご存知ですか?今は4Dと呼ばれる技術などもあり画面が立体的になるだけではなくて椅子が振動を起こしたり匂いをかぎ取ることが出来たりするようです。

たとえばポップコーンを食べている演出の時に実際にポップコーンの香ばしい匂いが出てきたりしているのです。それで3Dと合わせるともはやその場にいたような臨場感が生まれるとされております。

凄い技術になっていますよね。もちろん動く椅子というのは新しい映画館にしかないものですが実際に体験したら驚きの体験となるのはいうことないですよね。

昔から3Dというものは存在していましたが、今は本当に目の前にあるようなシーンが出てきて本当に素晴らしいことになりますよね。

3D酔いだったりあまり長い間装着しているとあまり目によくないということも挙げられていますが、人の目というのはものすごい柔軟で多機能を持っていて未だに人間の目を超えるほどの多機能を装備したものは誕生しております。

暗闇から明るいところに出ても瞬時に調整してくれますし、識別機能もついており色の判別だったり遠近感だってあるのです。ですから人間の目であれば3Dにも柔軟に対応してくれるものだと思っております。

これから先もっと凄い技術が出来たら映画の中に入って一緒に街を散策することが出来るようになるかもしれませんが、量子コンピューターが誕生したらそれこそネットの世界に入って実際にゲームの世界に入れるようになるかもしれませんね。

そこまで行くのはまだまだ先のことかもしれませんが実際に今は装着して映像を見たり楽しんだりゲームをすることが出来るぐらいにまで進化しているのです。現実と仮想の隔たりがなくなってきたと言ってもいいかもしれませんね。

ページのトップへ戻る