オンラインカジノと税金の関係

オンラインカジノと税金の関係

オンラインカジノで気をつけなくてはいけない点として税金がかかるという点です。

厳密に言うとギャンブルは税金が発生します。

パチンコ・スロット・競馬・競輪・競艇・宝くじやスポーツ振興くじなどなど、ギャンブルと区分されるものには税金が発生します。

しかし、ギャンブルで税金を払っているなんて聞いたことが無いという人もいると思います。

いちを税金を払わなければいけないけど見逃せれているんだったらオンラインカジノも実質払わなくてもお咎め無しでしょ?って思うかもしれませんが、違います。

オンラインカジノに関してはしっかりと税金を払わないと後で罰金が科せられてしまいますので必ず納税するようにしましょう。

オンラインカジノと税金の関係性について紹介していきます。

オンラインカジノ「だけ」が払わなければいけない理由

日本のギャンブルで税金を払っているなんて聞いたこと無いけど税金って本当に払わなければいけないの?って思うかもしれませんが、オンラインカジノに関しては払う必要があります。

なぜかというと「記録として残ってしまう」からです。

競馬や競輪・競艇などの公営ギャンブルはその場で現金が手渡されます。パチンコやスロットというのは三点方式と呼ばれて景品を景品交換所に持っていって現金に換金されるわけです。

どちらにせよ記録として残らずその場で現金として渡されます。

一方、オンラインカジノの場合はどうでしょうか?オンラインカジノを利用する時は銀行を経由したり、クレジットカードで入金するにしても最終的に記録としてしっかりと残ります。

引き出す時も同様に記録が残りますよね。すなわちお金の流れが明確です。ここ最近オンラインカジノではビットコインでもプレイできますが、お金の流れは把握されるため払う必要があります。

日本の公営ギャンブルなども本来ならば支払わなければいけないのですが、記録が残らないため税務署も1人1人を把握することが出来ないため大目に見られているのです。

しかし、過去には万馬券を当てた人が銀行にお金を預けたことで税務署が調査に入り税金を納めることになったケースも実際にあります。

すなわち証拠として残っているかどうかが大切なんです。

じゃあ宝くじはどうなの?って思うかもしれませんが、この宝くじはすでに税金を引かれた状態で振り込まれています。そのため税金がかからないという認識を持った方が多いのです。

オンラインカジノはお金の流れが記録として残るので払うものとして認識しておきましょう。

税金の区分

オンラインカジノは税金を支払う必要があると理解してもらったかと思いますが、では具体的にどういった税金なのかを説明します。

オンラインカジノは「一時所得」と呼ばれる税金であり、これには商店街の福引の賞金などもこの一時所得に分けられます。

福引なども賞金として現金で渡されるため見逃されているのです。

一時所得について

一時所得で一番気をつけなくてはいけないのが計算方法です。

ほとんどの方は税金を年間を通したトータルの収支で計算をしてしまいますが一時所得の計算方法は違います。

損失が出ても計上することが出来ません。

簡単に言うと利益が出たときのみ対象というものになります。

プレイした月 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 10万円 13万円 +3万円
2月 10万円 12万円 +2万円
3月 10万円 23万円 +13万円
4月 20万円 8万円 -12万円
5月 30万円 27万円 -3万円
6月 20万円 20万円 0万円
7月 20万円 30万円 +10万円
8月 20万円 10万円 -10万円
9月 14万円 56万円 +42万円
10月 15万円 10万円 -5万円
11月 20万円 32万円 +12万円
12月 40万円 102万円 +62万円
合計 229万円 343万円 +114万円

年間を通した収支の計算だと+114万円の利益を出したのでこの+114万円が税金の対象になると考えるかもしれませんが、違います。

プレイした月 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 10万円 13万円 +3万円
2月 10万円 12万円 +2万円
3月 10万円 23万円 +13万円
5月 30万円 27万円 -3万円
7月 20万円 30万円 +10万円
9月 14万円 56万円 +42万円
11月 20万円 32万円 +12万円
12月 40万円 102万円 +62万円
合計 159万円 288万円 +129万円

実際には4月・5月・6月・8月・10月は利益が上がっていません。そのためそれを差し引くと+129万円が課税対象になるのです。

極端な例を出してみましょう。

プレイした月 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 100万円 0万円 -100万円
2月 10万円 73万円 +63万円
合計 110万円 73万円 -37万円

例えば1月に-50万円負けて2月に13万円勝負をしてその年はオンラインカジノを利用しなかったとします。トータルの収支は-37万円です。

ただし、一時所得では損失が出ても計上することが出来ないため税金の計算方法が違います。

プレイした月 総ベット金額 払い戻し金額 損益
2月 10万円 73万円 +63万円
合計 10万円 73万円 +63万円

トータル収支は「-37万円」だったはずなのに損失が計上できずに「+63万」の利益が上がったことになります。

マイナスでさらに税金を支払わなければいけないのがこの一時所得の怖いところでもあります。

あくまでも利益が出た分しか計上できないというのは納得できないところもありますが、これが一時所得です。

一時所得の計算方法

一時所得の対象が分かったら次に計算方法を紹介します。

先ほど紹介した+63万円を例に紹介していきます。

一時取得の計算方式は以下になります。

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

これを上記の金額に当てはめていきましょう。

【13万円】=【63万円】-【50万円】

63万円が一時所得の対象ですが、特別控除額として最高50万円は控除してもらえます。

さらにここから所得金額の1/2に相当する金額を他の所得の金額と合計して総所得金額を求めた後、納める税額を計算します。

【13万円】/ 2 = 6.5万円

この計算ですが、サラリーマンなどで働いた得た収益は加味していません。これに所得金額を合わせてから行わないといけないのです。

所得金額に応じて税率が変わってきますので国税庁が発表する表から分けて紹介しましょう。

『国税庁 No.1490 一時所得』

所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

課税対象は6.5万円のため税率としては5%が適用されます。

そのため6.5万円の5%にあたる3250円が税金の対象になります。

正直に言うと良く分からないというのが本音ですよね。税金の計算は本当に面倒ですから最初は混乱すると思います。

ですからオンラインカジノのサポートの人に聞いてみても良いと思います。オンラインカジノは毎年経験しているので慣れています。

一人で迷わずに素直に聞きながら計算してみましょう。

確定申告をする

一時所得の計算を行って最終的に50万円以上の利益が出た場合は必ず確定申告をしなければいけません。

企業勤めの方は確定申告をしたことがないという人が大半だと思いますので申告の仕方を説明します。

確定申告で用意をするもの

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側に言えば出してくれる)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

必要なものは3点ですが、経費の領収書というのはオンラインカジノではほとんどありませんので意識しないでも良いでしょう。

実質的に必要なものは源泉徴収表と支払い調書ぐらいです。

この支払い調書はオンラインカジノ側に言えば出してくれるのでこのときに計算方法などを相談しましょう。あらかじめ自分の源泉徴収票を用意しておいたほうが良いです。

確定申告の時期

確定申告をする上で用意が整ったら後は確定申告をするだけです。確定申告の対象はその年の1月1日から12月31日までが対象です。

そしてその報告をするのが翌年の2月16日から3月15日までの1ヶ月間で行われますので税務署、もしくは出張所に行って申告をしましょう。

慣れないことをするのって面倒ですし気が重いですよね。しかし、忘れてしまわないように早めに行いましょう。

ただし、この時期はかなり混みます。土日の遊園地並みに混むので覚悟をしておきましょう。何か暇を潰せる雑誌や携帯ゲーム機を持っていたほうが良いかもしれません。

車で行くとなると付近の駐車場はどれも満車ですのでタクシーなどを使っていきましょう。また午前中のほうが混むので比較的午後2時以降が落ち着いていると言われているのでタイミングを見計らって行きましょう。

会社に事前申告か普通徴収にチェックを入れる

企業に勤めている方は確定申告の2面に書かれている給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法の欄にある【普通徴収】にチェックを入れることを忘れないでおきましょう。

チェックを入れておかないと会社に届いてしまい、このときにオンラインカジノで得た収益が副業とみなされてしまいます。

企業によっては副業禁止のところもあるため副業を疑われたくなければ【普通徴収】にチェックを入れておけば会社には届きません。

もしくは素直に会社の上司に「友達に誘われてやったオンラインカジノがたまたま当たっちゃって」みたいな形で伝えておけば問題はないと思います。

まとめ

オンラインカジノには税金がかかりますし、税金の計算方法は面倒です。

しかし、オンラインカジノを利用する以上は必ず税金の計算をして確定申告を行わなければいけません。慣れないうちは嫌かも知れませんが、ギャンブルをする上で毎月の収支をつけるのはとても大切なことです。

使いすぎていないか?損失が膨らみすぎていないか?などきちんとしたデータで冷静に収支を見ることが出来ます。

そこで負けが込んでいたらやめようとかブレーキがかかりますので収支は必ずつけるようにしてください。

そしてその延長線上に確定申告があると思いましょう。

Top