ブラックジャックのルールとゲームの流れ

ブラックジャックのルールとゲームの流れ

ブラックジャックは日本でも非常に知名度が高くカジノ場でもオンラインカジノでも人気のカジノゲームです。

ブラックジャックを極めることが出来れば全てのカジノで勝ち易くなると言われているほどシンプルなゲームながらも奥の深いゲームです、ブラックジャックのルールとゲームの流れについて説明します。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルールはカードの合計値を「21」を超えないように近づけるというシンプルなゲームです。

これさえ把握しておけば基本的にゲームをすることが出来ます。

数字の覚え方として、

・2から10はそのままの数で数える
・「A」は1、または11
・「J、Q、K」の絵柄カードは全て10と数える

ジョーカーは使いません。

また、数字の「21」が最強ですが、「A」と絵柄の「10・J・Q・K」が出た場合はブラックジャックとなり合計の「21」よりも強い手となります。

ディーラーは合計値が「17」を超えるまでは強制的にカードを引くきまりですので、ディーラーの手は半分見えている状態の為、その数字からディーラーの役の強さを予想しながら自分の手を「21」に近づけるようにしましょう。

ブラックジャックの用語

・Hit(ヒット)
カードを1枚引く。

・Stand、Stay(スタンド、ステイ)
これ以上カードを引かない。

・Bust、Busted(バースト)
カードの合計が「22」以上になる。

・Push(プッシュ)
プレイヤーとディーラーのカードの合計が同じで引き分け。

・Up Card(アップカード)
ディーラー自身に初めに配られる2枚のカードの内1枚をプレイヤー全員に見えるよう表においてあるカード。

見えていないカードを「Hole Card(ホウルカード)」と呼ぶ。

・INSURANCE(インシュランス)
ディーラーのアップ(表向き)カードが『A』の場合、「A」+「10、J、Q、K」の組み合わせになるとブラックジャックになり、プレイヤーの負けとなります。

インシュランスはこのような状況の時ににベットした金額の半額を追加でベットすることで、ディーラーがブラックジャックだった場合にはベットした額の2倍の配当が貰えます。

・DOUBLE DOWN(ダブルダウン)
次のカードを引いた時点で勝ちを確信した際に元々の掛け金を倍にしてカードを引くことが出来ます。ただし、引ける数字は1枚です。

・SPRIT(スプリット)
同じ数のカードが2枚配られた場合は、2つの独立した手に分けることが出来て、それぞれの手に賭けることがができるが、これを行うには最初に賭けた金額と同額を追加する必要があります。

・BlackJack(ブラックジャック)
最初に配られた2枚のカードが「A」+「10、J、Q、K」の組み合わせ。
最高の手(ハンド)であり、【ナチュラル21】とも呼ばれる。

 

ゲームの進め方

まずは席についてプレイヤーがベットをします。※テーブルごとに最低金額は変わります。

・プレイヤー全員がベットを終えるとディーラーはプレイヤー全員とディーラー自身それぞれにカードを2枚ずつ配ります。

この時ディーラーだけは2枚のカードの内1枚は表向きをしています。

プレイヤーは、ディーラーの表向きの数字からディーラーの合計値を予想して配られた自分のカードの合計と比べてさらにカードを引くかやめるのかを判断します。

プレイヤーはバーストしない限り何回でもヒット(カードを引く)することが出来ます。

プレイヤー全員が順番にハンドを作り終えたらディーラーはホウルカードをオープンして「17」を超えるまでカードを引いて勝負をします。

プレイヤーが勝てばベットした分の金額が手に入り、負ければ没収です。

まとめ

ブラックジャックは数字の「21」を超えないように近づけるという非常にシンプルなゲームです。

SPRIT(スプリット)やDOUBLE DOWN(ダブルダウン)やINSURANCE(インシュランス)といった細かいルールなどはありますが、基本的にそこまで使う機会は少ないので絶対に覚えなくてはいけないということではありません。

誰もがすぐに始められるシンプルながらも奥が深く場に出ているカードが今までどんな数字が多かったのかなどを見極めつつ次に引くカードを予想する為、かなり面白いと思います。

リゾートカジノ場でもオンラインカジノでも非常に人気が高く週末のライブカジノともなれば席が埋まってしまうこともあります。

是非ともディーラーとの戦いを楽しんでみて下さい。

Top