テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れ

テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れ

日本でもポーカーで遊んでいる人も多いトランプゲームです。

ゲームセンターのメダルコーナーにもあるので、プレイしたこともあると思います。

しかし、日本のポーカーは詳しく言うと「ドローポーカー」と呼ばれるゲームであり、カジノゲームにあるポーカーは「テキサスホールデムポーカー」です。

テキサスホールデムポーカーというのはプレイヤー同士の対戦を行うもので、非常に盛り上がりを見せています。

日本のポーカーに慣れている人はルールやゲームの進め方が違いますので戸惑われるかもしれませんが、表情を悟られないように見せるという緊迫感溢れる勝負を楽しむことが出来ます。

テキサスホールデムポーカーの特徴やルール・用語について説明していきます。

テキサスホールデムポーカーのルール

テキサスホールデムポーカーのルールは【2~10人】までのプレイヤーと勝負して戦います。

使用カードはジョーカーを除いた52枚のカードです。

プレイヤーは最初に全て裏向きに配られた2枚のカードと5枚の共有札(コミュニティカード)の計7枚を組み合わせて5枚で役を作って一番強い役を作ったものが勝利です。

テキサスホールデムポーカーの面白いところは例え、自分の手が悪くてもブラフ(嘘)を使っていい役が揃っているように自信をのぞかせたり、逆に動揺した顔を見せて本当は良い役なのに、相手の勝気を煽ってお金を積み上げたりと表情を読み取り、読み取らせないといった駆け引きがポイントになります。

ゲームの役以上にそのテーブルの駆け引きをしていくことがテキサスホールデムポーカーの面白さでもあります。

テキサスホールデムポーカーの役

ポーカーの役(ポーカーハンド)は9種類存在していて、ハンドの強さは順位がつけられています。

・【ロイヤルストレートフラッシュ】同じマーク「A・K・Q・J・10」が揃った最強の役

・【ストレートフラッシュ】同じマークで、なおかつ連続した数字の5枚ある役

・【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】4枚が同じ数字揃っている役

・【フラッシュ】同じマークのカードが5枚ある役

・【ストレート】連続した5枚の数字で作る役

・【フルハウス】同じ数字3枚とペアの組み合わせの役

・【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】3枚が同じ数字の役

・【ツーペア】同じ数字のペアが2つある組み合わせの役

・【ワンペア】同じ数字のペアが1つの役

・【ハイカード(日本ではブタ)】何も出来ていない状態

上から強い順ですが、当然ながら強い手ほど揃えるのが難しいとされています。

特に最強の手と言われている「ロイヤルストレートフラッシュ」は60万ハンドに1度の確率で完成すると言われているほど確率が低いので、確実な手で行くか、勝負に出るかも自分で考えて行います。

基本の用語

・「ベット」その場にチップを賭けること。チップ額も一緒に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

・「コール」その場に賭けられている金額に合わせて同額のチップをベットすること。

・「チェック」賭け金を賭けずそのまま次のプレイヤーに回すこと。

・「フォールド」ゲームを降りること、この時点で負け確定となり、それまでの賭け金は失われます。

・「レイズ」賭けられている金額にさらにチップを上乗せすること。チップ額も同時に声出しして他のプレイヤーに伝える。

・「リレイズ」他のプレイヤーがレイズを行った場合、レイズ金額よりもさらに上乗せすること。チップ額も一緒に声を出して、他のプレイヤーに伝える。

・「オールイン」手元にある全チップを賭けてゲームを行うこと。

・「ミニマムベット」ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額。

・「ミニマムレイズ」レイズする際の最低額。

ゲームの進め方

テキサスホールデムポーカーは、4回のラウンドに別れてゲームが進行します。

・第1ラウンド(プロフロップ):1回目のベッティング

手元に2枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といい、手元にある2枚のカードの状態から、チップを賭けて勝負するかどうか判断する。

・第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

ディーラーは、山札の一番上のカードを1枚捨てます。これは不正防止の役割として最初に行います。

山札の一番上のカードを1枚捨てた後、場札に5枚のカードのうち3枚のカードが表向きに並べられている状態を第2ラウンドの「フロップ」と言います。手元にある2枚のカード、ボードに並べられた3枚のカードから、チップを賭けて勝負するかどうか判断します。

・第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンドのターンで、場札にもう1枚カードが表く向きにされ計4枚と手元のカードから、チップを賭けて勝負するかどうか判断します。

・第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンドのリバーで、場に5枚すべてのカードが表向きに並べられています。手元の2枚のカードと5枚のカードの計7枚のカードの中から最も強いハンドを作り上げます。最終ジャッジとしてチップを賭けて勝負をするかどうか判断します。

最後に残ったプレイヤー同士で最も強いカードを作った人が勝利です。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは日本のドローポーカーと違い、プレイヤー同士がラウンドを重ねるごとに勝負を仕掛けるかどうかをその都度判断することになります。

強い役を狙うのか?それとも確実性をとるのかも自分自身で判断しますし、たとえ思い通りに役が揃ったとしても表情を読み取らせてはいけません。

ポーカーフェイスの語源ともなったテキサスホールデムポーカーはポーカーを知らない人は最初に役を覚えなくてはいけませんし、ゲームの流れを覚えなくてはいけません。覚えることはたくさんありますが、覚える価値は十分にあると言えるでしょう。

オンラインカジノでもトーナメントなどが開催されていたりもするのでぜひともルールを覚えつつ参加しましょう。

Top